読書

2016年の週刊文春

77 柳澤健 光文社 このブログで何度か書いているが、私は雑誌フリークであった。若い頃は様々な雑誌を定期的に買いあさっては読み込んでいた。往復三時間以上という…

読書

ステキな奥さんぬははっ4

76 伊藤理佐 朝日新聞出版 前巻「ステキな奥さんうぷぷっ3」を読んだのが二年前。隔週の新聞連載が一冊にたまるには、これくらい時間がかかるということか。理佐さ…

読書

女ことばと日本語

75 中村桃子 岩波書店 この本は、このブログのコメント欄で教えていただいたように思うのだけれど、今、探してもなぜか見つからない。教えてくださった方、ありがと…

読書

リアル・シンデレラ

74姫野カオルコ 光文社 姫野カオルコは「安住紳一郎の日曜天国」のアシスタントアナウンサー、中澤由美子のファンだという。彼女の明るい笑い声に励まされて書き上げ…

読書

神よ憐れみたまえ

73 小池真理子 新潮社 小池真理子は読んだことがなかった。でも、新聞に連載された「月夜の森の梟」は毎回、しみじみと読んでいた。夫の藤田宣永に病が見つかってか…

読書

最後の角川春樹

71 伊藤彰彦 毎日新聞出版 角川春樹という人物に、そもそもあまり興味はない。私は、もともとそんなに映画は見ない。ただ、文庫本には若いころからずっとお世話にな…

読書

砂に埋もれる犬

69 桐野夏生 朝日新聞出版 ネグレクトと虐待、貧困の問題を扱った小説。主人公は学校に行っていれば六年生の少年。ネグレクトの母親が学校への手続きをせずに住処を…

読書

青森1950₋1962 工藤正市写真集

68みすず書房 青森が好きだ。青森には二度旅行したことがある。どちらもとても良い旅だった。青森が大好きになった。 この本は東奥日報社でカメラマンとなり、写真部…