自己紹介

ブログ移転の経緯(2021.4.22  2021.7.24 補足)

みなさん、こんにちは。サワキと申します。  2008年2月より、某教育系サイトにて読書日記を書き続けてきました。最初は、保護者としての立場から書いておりました…

読書

青い壺

37 有吉佐和子 文春文庫 昭和51年から52年にかけて「文藝春秋」に連載された小説。一度絶版になっていたが、2011年に復刊され、原田ひ香絶賛の帯がきっかけ…

読書

皆様、関係者の皆様

36 能町みね子 文春文庫 これも週刊文春の連載をまとめた本。エッセイじゃなくてコラム。2020年4月から2021年9月までっていうからごく最近のように思った…

読書

女は太もも

35 田辺聖子 文春文庫 週刊文春連載エッセイを集めた本らしい。週刊文春の連載ってけっこうおもしろいものが多くて、椎名誠とか、小林信彦とか、好きだったなあ。田…

読書

薬指の標本

35 小川洋子 新潮文庫 コペンハーゲンで転んでしまった。私がいけない。なぜ、旅先で私は転ぶのだろう。たぶん、己を失うからだ。知らない土地で、心が浮き上がりす…

読書

34 小川洋子 新潮文庫 コペンハーゲンで読んだ本。薄い短編集。初刊は2006年である。もう二十年近く前なのね。でも、小川洋子らしさにあふれている。 表題作「…

読書

探しものは北欧で

33 森百合子 だいわ文庫 トランジットのために一泊したヘルシンキから、コペンハーゲンに移動したあたりまでに読んだのがこの本。北欧で北欧本を読む。 私は子ども…

読書

沢田研二

32 中川右介 朝日新書 やれやれ。長旅から帰国しました。しばらくオリーブオイルの入った食べ物はいらない気がする。現在、絶賛時差ボケ中であります。年齢とともに…

読書

思わぬところからの素敵

31 宮田珠己  新刊が出たらとりあえず即買いの宮田珠己である。「植物のふりした妖怪」同様、これもZINEなので一般書店では、たぶん買えない。ほしい人は、ネッ…

読書

恩送り 泥濘の十手

30 麻宮好 小学館 夫のおすすめ。名前すら知らない作者であったが、とても良かった、第1回警察小説新人賞受賞作「泥濘の十手」を改題改稿した作品だそうだ。 江戸…

読書

植物のふりした妖怪

29 村田あやこ 宮田珠己 路上園芸学会 著作はとりあえず即買いの宮田珠己と、路上園芸学会の村田あやこの共著。これは本というか、ZINEなんだそうだ。ZINE…