映画

あの映画みた?

48 「スクリーンが待っている」以来、映画が見たくてならない。が、現実の映画館にはいけずにいる。ワクチン早く打ちたいなー。 井上荒野と江國香織が映画について喋…

読書

ママナラナイ

47 いやほんま、ままならないわあ。と何故か関西弁になってしまう。井上荒野の、なんともザラザラした諦観に触ってしまった感じ。 アル中のママをもってしまった小5…

読書

正しい女たち

46 若いなあ、という感想を持ってしまうってことは、おばさんなんだなあ、私、と思ってしまった。とほほ。 いくつかの短編が集めてある。何でも私のことをわかってい…

読書

セゾン・サンカンシオン

45 依存症を抱える女性たちが生活をともにする施設、セゾン・サンカンシオン。そこで暮らす女性たちの様々な出来事を周囲の人の姿とともに描いた小説。 アルコール依…

読書

イソップ株式会社

44 駅前の様々な店舗の入った複合ビル。駅からの帰り道にそこを通り抜けることがあるのだが、まずいことに、たまに一階のフロアで古書フェアをやっている。見つけたら…

読書

羊は安らかに草を食み

43 益恵88歳、アイ80歳、富士子77歳。俳句仲間の仲良し老女三人である。三年ほど前から益恵には認知症の症状が表れた。夫の三千男が心を込めて介護しているが、…

読書

表紙はうたう

42 「表紙はうたう 完全版」が最近発刊されたけれど、これは2008年版。1977年から2008年までの和田誠の「週刊文春」表紙絵の画集である。これが発刊され…

読書

限りなく繊細でワイルドな森の生活

41 十年ほど前に、大学時代の友人を亡くした。パワフルで、何ごとにも一生懸命で、生き急いでいるような人だった。病気をしたとは聞いていたけれど、死んでしまうとは…

読書

スクリーンが待っている

40 「きのうの神さま」の西川美和。「日本魅録2」で香川照之が絶賛してはばからなかった西川美和。映画監督で、直木賞候補にも上がったことがある小説家でもある。作…

読書

在宅ひとり死のススメ

39 また上野先生の本を読んだ。この人は歯切れがいいなあ。 高校時代の同級生がこの本を読んで、一人暮らしの老母に勧めたいけれど、さすがに「ひとり死」はないよな…