読書

わからない

77 岸本佐知子 白水社 岸本佐知子のエッセイ集。この人のエッセイ集は「なんらかの事情」で、面白いと知っていた。翻訳もすごいが、エッセイもすごいのだ。今回は、…

読書

方舟を燃やす

76 角田光代 新潮社 本当は「家族だから愛したんじゃなくて」より先に読み始めたのだけれど、あまりに重すぎて、何度も休憩を入れている間に「家族だから」を先に読…

読書

まいまいつぶろ

74 村木嵐 幻冬舎 第13回「本屋が選ぶ時代小説大賞」、第12回「日本歴史時代作家協会賞作品賞」、直木賞候補作。と言っても私は全然知らなくて、夫が読んで面白…

読書

南太平洋の環礁にて

73 畑中幸子 岩波新書 「女二人のニューギニア」に登場した文化人類学者、畑中幸子の著作である。彼女はこの本を上梓したのちにニューギニアに行き、有吉佐和子を迎…

東北温泉旅行3乳頭温泉篇

青森駅から新青森駅に一駅乗って、そこから新幹線はやぶさでまたまた盛岡へ戻る。盛岡で駅弁を買って待合室で食べたのち、新幹線こまちで田沢湖駅へ。乳頭温泉まではバス…

東北温泉旅行2酸ヶ湯温泉篇

朝、遠野から昨日来た新花巻に戻り、そこからやまびこで盛岡へ。駅弁を買い、はやぶさに乗り換えて車中で昼食、新青森到着。奥羽本線に乗り換えて青森駅へ。ついたのが1…

東北温泉旅行1遠野篇

大人の休日倶楽部に入会している。年寄り(!)向けにJRの切符が割に安く手に入るシステムである。これが、通常、人が旅行したがらないような時期になると、新幹線や特…

読書

もうあかんわ日記 

72 岸田奈美 ライツ社 どこで見つけたんだっけか、この人。おばあちゃんが認知症で、おかあさんが車いすで、おとうさんはとっくに亡くなっていて、弟がダウン症で、…