バカボンド37

40 井上雅彦 講談社 「バカボンド」を読んだのは、なんと2011年5月のことだったらしい。もう覚えてないけど、ブログってこういう時、便利。33巻まで読んだと…

土偶を読む図鑑

25 竹倉史人 小学館 作者はもともと宗教史や神話の専門家である。大学で神話の講義をしていた時、ふと「縄文時代の神話ってないよね?」と思ったという。文字はない…

神さまってなに?

13 森達也 河出書房新社 「14歳の世渡り術」というシリーズの中の一冊。なるほど、14歳辺りで読むにはよい本かもしれない、と思う。 宗教は難しい。私のことを…

よしながふみ『大奥』を旅する

11 太陽の地図編集部 平凡社 「仕事でも、仕事じゃなくても」のよしながふみが16年かけて完結させた「大奥」の世界を専門家が徹底解説したムック本。「大奥」はず…

よって件のごとし

9 宮部みゆき 角川書店 「魂手形」の続編。三島屋変調百物語としては八巻目。江戸は神田の袋物屋の三島屋で行われている、語って語り捨て、聞いて聞き捨ての百物語。…

夏日狂想

1 窪美澄 新潮社 窪美澄は「朔が満ちる」以来である。この作品は、中原中也(作中では水本正太郎)と小林秀雄(作中では片岡武雄)が奪い合った女性がモデルとなって…

朝日新聞政治部

150 鮫島浩 講談社 学生時代、私は朝日新聞社でアルバイトをしていた。所属は図書部。朝日年鑑という年鑑・統計本の編集である。朝日年鑑には各種団体が取った様々…

戦争は女の顔をしていない1(コミック)

126 小梅けいと 原作 スヴェトラーナ・アレクシェーヴィチ 監修 速水螺旋人 500人以上の従軍女性から聞き取りをおこない、戦争の真実を明らかにした、ノーベ…

高野長英(鶴見俊輔集 続3)

120 鶴見俊輔 筑摩書房 「昭和を語る 鶴見俊輔座談」以来の鶴見俊輔である。彼を信頼し、尊敬しながら、学者としての功績を実はほとんど知らない私である。全集は…