2016年の週刊文春

77 柳澤健 光文社 このブログで何度か書いているが、私は雑誌フリークであった。若い頃は様々な雑誌を定期的に買いあさっては読み込んでいた。往復三時間以上という…

嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのか

72 鈴木忠平 文芸春秋 「最後の角川春樹」と並行して…というよりは、こちらの本を先に読み始めていた。途中で出かける用事があり、読みかけの本を持っていくと読み…

ソ連兵へ差し出された娘たち

58 平井美帆 集英社 戦前、日本は満州を植民地とし、そこへ開拓団を送り込んだ。国策として日本中で開拓団が組織された。もともと住んでいた村の分村として、家族親…

故郷の味は海をこえて

57 安田菜津紀 ポプラ社 人は、食べなければ生きていけない。おいしいものを食べるのは人生の喜びである。食べ慣れたものは、心を落ち着かせ、安心させてくれる。食…

問題の女 本荘幽蘭伝

55 平山亜佐子 平凡社 本荘幽蘭の名を知ったのは「折口信夫の青春」からだったと思う。そこからがぜん興味がわいて資料を探したあげく、見つけたのが「女のくせに …

星をつなぐために

26沢木耕太郎 岩波書店 柳田邦夫、篠田一士、猪瀬直樹、辻井喬、村山由佳、瀬戸内寂聴、角幡唯介、後藤正治、梯久美子。そうそうたるノンフィクションの書き手との対…

京都で町家旅館はじめました

6 山田静 双葉社 電車の中で読み本が尽きてしまった。本読みの恐怖の一瞬である。ところが、夫が購入していた電子本がスマホにあるではないか。というわけで、自分で…